音楽

「自分に酔いしれる」。。40代から聴く「インナーヴィジョンズ」。

自己陶酔
インナーヴィジョンズ

40代父さんの洋楽コーナーにお越し頂きありがとうございます。

これも何かのご縁、ぜひ最後までお読みいただけると嬉しいです。

スティーヴィー・ワンダー「インナーヴィジョンズ」

みなさん、自分に酔う瞬間ってありませんか?

そんなときって気分があがりますよね。

(あまり他人に見られたくはないですが、、、笑)

 

わたしは大人な音楽を聴いてるときに、よく自己陶酔してます。

そんなマイ大人音楽コレクションのひとつに、

スティーヴィー・ワンダー(Stevie Wander)の「インナーヴィジョンズ(INNERVISIONS)があります。

Innervisions

スティーヴィー・ワンダーは言わずと知れたアメリカの大御所ミュージシャン。

グラミー賞の受賞回数が最も多い男性ソロ・シンガーです。

 

彼はこれまで多数の名作アルバムを世界に発表していますが、「インナーヴィジョンズ」は1973年に発表された16枚目のオリジナル・アルバムです。

このアルバムでももちろん、グラミー賞最優秀アルバム部門・最優秀録音部門を受賞しています。

上品な大人になりたい

わたしがこの「インナーヴィジョンズ」に出会ったのは大学生の頃。

このアルバムが発表されてから20年以上が過ぎていました。

 

当時は普段着でギターをかき鳴らすオアシス(oasis)やブラー(Blur)などのUKロックが全盛期で、スティーヴィー・ワンダーなんてオジサンの聴く音楽だと思っていたんです。

 

そんなある日、新宿のタワーレコードでスーツをビシッと着こなした上品なオジサンが、あるCDを一生懸命に視聴していたんです。

そんなセンスあるオジサンが聴く音楽が気になって、彼が去ったあとに試聴したのがこの「インナーヴィジョンズ」でした。

聴いてみてビックリ!オジサーン、そりゃあんたスーツ上品に着こなしてるだけあるよ!って本当に心から思ったんですよね 笑 

 

これまで夢中になって聴いていた少年のように無邪気にギターをかき鳴らす音楽と対比するような、深く練られた上質な音楽にカルチャーショックを受けたんです。

なんか自分がワンランク上がったような、そんな体験でした。

 

このアルバムには「ハイアー・グラウンド」、「汚れた街」等の名曲が収録されています

わたしは「ゴールデン・レディ」というこのアルバムではあまりピックアップされない曲が好みで、今でも時折これを聴いて自己陶酔しています。

ハートウォーミングなピアノ、心穏やかなヴォーカルが今でも自分をワンランクアップさせた気分にさせるんです。

 

今思うと、あの「上品オジサン」と「インナーヴィジョンズ」を通して当時のわたしは大人への憧れを抱いたんでしょうね。

自分は今、そんな上品なオジサンになれているかなぁー。

 

自分の世界に浸れる音楽があると素敵な時間を過ごせそうですね。

そんな生活おすすめです!

 

ではでは、みなさんにとって素晴らしい一日になるようお祈りしてます!

 


インナーヴィジョンズ [ スティーヴィー・ワンダー ]

オアシス 20周年記念スタンダード・エディション [ オアシス ]

 

Blur ブラー / Think Tank 【SHM-CD】

ABOUT ME
らじお
40代半ば一人娘を持つ父さんです。就職氷河期に社会のお眼鏡にかなわず、大学卒業後、約十年間海外を放浪していました。自分を見つめるために読み始めた自己啓発本は1000冊以上あり、今もその数は増え続けています。その甲斐あってか、ここ数年は目に見えて人生の質が向上しています。自分を見つめ続けること二十数年、ながーい自分探しの旅は今日も続いています(笑)。
関連記事