読書

「運のいい人」、40代、最強の教科書があった。

このページにお立ち寄り頂きありがとうございます!

これも何かのご縁、ぜひ最後までお読み頂けると嬉しいです。

素敵な生き方のヒント詰まってます!

運のいい人

誰だって「運のいい人」になりたいって思いますよね。

もちろんわたしも運のいい人になりたいです 笑 

 

そう思うようになってかれこれ20年以上が経ち、たくさんの自己啓発本やスピリチュアル本を読んできました(欲深いもので、、、)。

その中でも、大切なエッセンスのみをわかりやすい言葉でコンパクトにまとめられている、そんな最強の本に出会いました。

 

ワタナベ薫さん著作の「運のいい女(ひと)の法則(三笠書房)という本です。

 

早くこの本に出会いたかった、、それが読み終わったあとのわたしの感想です。

 

題名を見ておわかりと思いますが、女性を対象にした本です。

 

しかし、縁あって40代父さんのわたしはこの本を手にすることになりました。

女性らしい表紙のデザインに若干の抵抗を感じながら読みはじめたのですが、一気にその内容に引き込まれたんです。

だって、これまで読んできたたくさんの本から重要な部分を集めたベスト盤だったから。。

 

もちろん電車の中ではカバーをつけて読んでいたのは言うまでもありません 笑 

 

心のトレーニング

著者のワタナベさんは人生に大切なことは「愛と笑いと感謝の心」の3つだとおっしゃっています。

 

願うものに意識を向け、その後は願い事を忘れ、「愛と笑いと感謝の心」を行動に移していればいつの間にか望むものが転がり込んでくる。

これが運の法則というわけです。

 

潜在意識の活用方法、人づき合いの秘訣、夢を実現する方法などなど、具体的なメソッドがたくさん載っています。

 

そう、この本はまさしく幸運本のベスト盤なのです。

 

わたしは、自身の運気が下がってきたなぁと感じはじめた時、決まってこの本を手に取ります。

なぜなら、この本はわたしを基本に立ち返らせてくれるから。

 

運気が下がってくると、そわそわして集中力がなくなってきます。

そんな時、この本を手に取って自身の行動を振り返り基本に戻るように努めます。

 

おかげさまで、運気が下がってしまっても、こじらせるような状態にはならずに済んでいます。

 

運気は自分である程度コントロールできるんですね。

運気をコントロールするには、日頃から自身の心と向かい合うトレーニングが必要だとここ数年で実感するようになりました。

 

幸運とは、日頃からそんなトレーニングをしている人のもとに転がり込んでくるのかもしれませんね。

 

「運気をコントロールする」、これってなんか特殊能力っぽくてカッコいい 笑 

 

心のトレーニングを日常に取り入れて、幸運が舞い込みやすい体質になりませんか?

 

ではでは、みなさんにとって素晴らしい日になるよう心よりお祈りしてます!

 

運のいい女(ひと)の法則 (単行本)

 

ABOUT ME
らじお
40代半ば一人娘を持つ父さんです。就職氷河期に社会のお眼鏡にかなわず、大学卒業後、約十年間海外を放浪していました。自分を見つめるために読み始めた自己啓発本は1000冊以上あり、今もその数は増え続けています。その甲斐あってか、ここ数年は目に見えて人生の質が向上しています。自分を見つめ続けること二十数年、ながーい自分探しの旅は今日も続いています(笑)。
関連記事