生き方

「脱力」、40代、いつも力んでいては何も掴めない。

このページにお立ち寄り頂きありがとうございます!

これも何かのご縁、ぜひ最後までお読み頂けると嬉しいです。

素敵な生き方のヒント詰まってます!

全力疾走!力を出し切きれっー!?

常に全力疾走、毎日自分の持てる力を出し切れば必ず成功できる!

そんな何かの本で読んだ言葉に胸が熱くなり、よーしやってやるで〜と意気込んだものの、3日も持たずに息切れ、、、笑 そんな経験ありませんか?

 

以前のわたしはそんな事を何回も繰り返していました。

そしてある時気づいたんです。

 

毎日全力疾走してたらエネルギーが底をつくのは当たり前だと、、、。

 

そこからわたしの意識は「脱力」にシフトしたんです。

 

だって、気づいたら意識していなくても「頑張ろう」と力を込めて毎日を生きていたから。

 

誰だって、自堕落な人生を送りたいとは思わないはず。

もっと良い人生を築き上げようと無意識のうちに頑張っているんだと思うんです。

そして知らず知らずのうちに力が入って、疲れも溜まってくる。。

 

「脱力」のススメ

「脱力」の大切さに気づいたのは、寝る前の瞑想を始めるようになってから。

 

当時まだ20代だったわたしは、海外を放浪しており、異国の地で生きるのに毎日必死でした。

それ故にたくさんの悩みを抱えており、本に答えを求めていたんです。

 

たまたま読んだ本に瞑想の事が書いてあって、毎晩寝る前に実践していました。

 

寝る前のリラックスした状態で布団に入ったはずですが、瞑想途中で両手を握りしめギュッと力が入っているのに気づいたんです。

 

自分ではリラックスして解放されたと思っていたのに、意識していないところでまだこんなに力が入っている。

ということは日中はどれだけ力んで生活しているんだ?ってちょっと怖くなったんです。

 

だって、そんなに毎日力んで生きてたらエネルギーがもたないし、適度な余裕がないといいパフォーマンスを発揮できないから。

 

それからというもの、寝る前はもちろん、仕事の休憩中や休みの日でも自分の力み具合をチェックすることが習慣となりました。

手に力が入っていないか、体がこわばってないか、気持ちが前のめりになってないか、などなど、、セルフチェックをこまめにする事で徐々に良いパフォーマンスを発揮できるようになり、結果的に自己肯定感も上がってきました。

 

そう、いつも力んでいてはいい結果は出せないのです。

 

もちろん、ここがチャンスだっ!って場面では、一気に力を注ぐことも大事です。

 

そのためには、程よく力を抜いて軽やかに動ける状態にしておく事が、満足のいく結果を導き出しやすいとわたしは信じてます。

 

「脱力」のススメ、みなさんはどのように思いますか?

 

ちょっと新しい時代っぽい考え方でわたしは好きです 笑 

 

ではでは、みなさんにとって素晴らしい日になるよう、心よりお祈りしてます!

 

ABOUT ME
らじお
40代半ば一人娘を持つ父さんです。就職氷河期に社会のお眼鏡にかなわず、大学卒業後、約十年間海外を放浪していました。自分を見つめるために読み始めた自己啓発本は1000冊以上あり、今もその数は増え続けています。その甲斐あってか、ここ数年は目に見えて人生の質が向上しています。自分を見つめ続けること二十数年、ながーい自分探しの旅は今日も続いています(笑)。
関連記事